Products

カスタムバランスの
三大効果

img_effects01

身体全体のバランスを整えます。

身体の土台となる足が整っていないと身体全体のバランスが崩れ、さまざまな障害が発生する可能性があります。 カスタムバランスは「ウインドラスメカニズム」を用いた成形により、足本来の機能を促すと共に、正しい身体のバランスへ導きます。
img_effects02

シューズを自分だけのものに導きます。

どんなに優れた機能、性能を備えたシューズでも、自分の足に合っていなければその能力を活かすことはできません。 カスタムバランスは、一人ひとりの足に合った形状でシューズにフィットし、パフォーマンスを高めます。
img_effects03

快適な歩みが得られます。

カスタムバランスは、一般的な中敷きとは全く異なる高機能のインソール。適度な反発性に加え、優れたクッション性を備えており足にかかる衝撃をしっかりと吸収します。 さらに、通気性、速乾性にも優れており、快適な履き心地を提供します。

足のアライメント異常に
起因する障害

img_section01

以下のような障害の多くは、足のアライメント異常が原因の1つになると考えられています。足のアライメントを整えるためには、適切な靴を履くことやインソールによる補正が有効と言われています。

  • 症状

    足裏のかかと部や足裏全体に痛みが出る。

    原因

    ランニングやジャンプで、足底筋膜が引き伸ばされることの繰り返しにより発生。

    足底筋膜炎
  • 症状

    母趾の先が第2趾の方に曲がりつけ根の部分に痛みが出る。

    原因

    横アーチが崩れ、横アーチを支えているジン帯が緩み、母趾の中足骨が扇状に内側に開き発生すると考えられている。

    外反母趾
  • 症状

    アキレス腱付近が炎症を起こし、痛みや腫れが出る。

    原因

    ランニングやジャンプで、アキレス腱付近が引き伸ばされることの繰り返しにより発生。

    アキレス腱炎
  • 症状

    すねの内側に痛みが出る。

    原因

    アーチが低く衝撃吸収が不十分な場合やオーバーユースなどにより発生。

    シンスプリント
  • 症状

    腸脛ジン帯と大腿骨の摩擦により、ヒザの外側に痛みが出る。

    原因

    オーバーユース、足部のアライメント異常などにより発生。

    ランナーひざ(腸脛ジン帯炎)
  • 症状

    大腿四頭筋腱や膝蓋ジン帯が炎症を起こし、痛みが出る。

    原因

    ランニングやジャンプで、ヒザに負担が繰り返しかかることにより発生。

    ジャンパーひざ(膝蓋ジン帯炎)
  • 症状

    外脛骨とは、過剰骨もしくは種子骨の一つで、後脛骨筋の付着する舟状骨の内側に見られる。

    原因

    扁平足傾向の方に多く、後脛骨筋が引っ張られ、外脛骨部分が舟状骨の部分からはがれるようになって炎症が発生。

    有痛性外脛骨
  • 症状

    腰椎や椎間板などにはっきりとした異常が発見されない原因不明の腰痛の総称。

    原因

    姿勢の悪さ、筋肉疲労、腰に負担がかかる動作などが一因となり発生すると考えられている。

    腰痛症
  • 1

    足の痛みによる苦痛や不快感がある人は、ストレスや罪悪感、憂うつ、不眠にも悩まされがちです。その結果、体重が増えることもよくあります。
  • 2首 / 肩

    首のハリ
  • 3胸と背中

    筋肉のハリ
  • 4

    骨盤の前方への傾き
  • 5股関節

    内側への回転
  • 6

    内側への回転
  • 7すね

    内側への回転
  • 8足首

    内側への回転
  • 9

    縦アーチの低下
img_section02

アライメントの異常が負荷を増大

足が内側に過度に傾くオーバープロネーションや、外側に過度に傾くオーバースピネーションは、足首を安定させる筋肉や腿、靭帯に対する負荷を増大します。 img_thumbnail01_section02

オーバープロネーションスピネーション

icon_arrow_down

カスタムバランスによるサポート

力スタムバランスにより、足裏のアーチなどのアライメントを適切にサポートすることで、足の傾きをより負荷の少ないニュートラルな状態に導きます。 img_thumbnail02_section02

カスタムバランスが
できるまで

img_thumbnail10

わずか10分で完成その場ですぐにお渡しできます。

カスタムバランスは、足の分析からシューズに合わせるまで5ステップで完了。わずか10分で、すぐお渡しすることができます。

インソールを加熱
img_thumbnail11

専用ヒーターで温めます。

ウインドラスメカニズムを再現
img_thumbnail12

片足づつ温めたインソールの上に足を乗せ、ウインドラスメカニズムの状態を再現します。

成形
img_thumbnail13

両足に均等に体重をかけた状態で前後に体重移動し、インソールを成形します。

フィット感をチェック
img_thumbnail14

インソールのフィット感を確認します。

シューズにセット
img_thumbnail15

シューズにセットして完成!
元々入っている中敷きより大きい場合は、トリミングをして調整します。

専用機器による足の分析

足を分析することにより、
あなたの足の状態を知ることができます。

足圧分析

LEDライトを足裏に照射し、足裏にかかる荷重分布や左右差をチェックします。

専用機器のガラスの上に立っていただきます。 足下の鏡を見ると、ご自身の足の圧力がかかっている部分が緑色に光ります。 ご自身のアーチ部分を確認できるだけではなく、前後左右でのバランスを比較することができます。

足圧タイプ判断

  • img_foot01

    扁平足

    衝撃吸収が十分ではありません。足底、すねやふくらはぎの筋肉に負担がかかる。ケガにつながる可能性、疲れやすい傾向にあると言えます。

  • img_foot02

    ローアーチ

    衝撃吸収が十分でない可能性があります。足底、すねやふくらはぎの筋肉に負担がかかりやすい状態です。ケガにつながる可能性、疲れやすい傾向にあると言えます。

  • img_foot03

    通常

    理想的な足圧タイプです。

  • img_foot04

    ハイアーチ

    荷重が前足部とかかとに集中しています。足底の筋肉が縮んだ状態で固くなっています。ケガにつながる可能性、疲れやすい傾向にあると言えます。

足圧左右判断

  • img_foot05

    左右の足で荷重が差があることにより、膝、腰など身体のどこかをかばってバランスをとる動作を行い、筋肉の緊張や関節への負荷を招く可能性がありま

アーチ分析
img_foot06

横アーチ

横アーチは、足裏にある血管や神経などを圧迫から守る役割を果たしています。

横アーチが低いと

  • つち状足指症
  • 足の麻痺

などを引き起こすことがあります。

外側縦アーチ

外側縦アーチは足の小指に力を与え、歩行時に姿勢の安定を保つ働きをしています。私たちが歩くときに一番はじめに接地する部分であるこのアーチ硬く、ほかの2つのアーチに比べて、低くなっています。

内側縦アーチ

内側縦アーチは、土踏まずの部分のことで、接地時などの足への衝撃を吸収する機能を持っています。

内側縦アーチが低いと

  • 過剰な足の動き
  • 不安定な姿勢
  • 不十分な衝撃の吸収

を引き起こし、内部組織の損傷やそれに伴う痛みを発症します。

足部アライメント分析

足の画像を撮影し、姿勢や骨の配置をチェックします。

専用機器のガラスの上で、普通に立った状態と膝を45°曲げた状態(走っている状態を再現)、ウインドラスの状態の3つを内蔵カメラで撮影。足裏にかかる体重や部位の変化などを調べることができます。最後に撮影したものをパソコンで一緒にチェックします。

  • img_thumbnail01
  • 走っている状態を再現することで、動きの中でアライメントをチェックできます。

    img_thumbnail02

    普通に立った状態

  • img_thumbnail03

    膝を45°に曲げる

  • img_thumbnail04

    つま先をあげる(ウインドラスの状態)

  • ニュートラル

    下腿と足が真っすぐになった理想の状態

    img_thumbnail05

    直立し、足に体重をかけた時に下腿の軸と踵部の軸がほぼまっすぐになった状態です。

  • オーバープロネーション

    内くるぶしが過剰に内側に倒れ込んだ状態

    img_thumbnail06

    接地時の衝撃吸収が不十分な状態と言えます。膝、腰など身体のどこかをかばってバランスをとる動作で筋肉の緊張や関節への負担を招く可能性が高くなります。

    • アキレス腱炎
    • 足底筋膜炎

    などの障害につながる可能性があり、疲れやすくなります。

  • スピネーション

    外くるぶしが過剰に外側に倒れ込んだ状態

    img_thumbnail07

    着地時の衝撃が足底の外側の狭い部分に集中しています。つま先が離れるときも小指に体重がかかってしまいます。

    • 膝の外側の痛み
    • 疲労骨折

    などの障害につながる可能性があり、疲れやすくなります。

ウインドラスメカニズムがもたらす効果

カスタムバランスは、足の強さを引き出す「ウインドラスメカニズム」を用いて成形します。
「ウインドラスメカニズム」とは、つま先が上がることによって足底腱膜が巻き上げられ、足のアーチが高くなることです。

img_thumbnail08

通常の状態後ろから見た状態

img_thumbnail09

つま先を伸展(背屈)した状態

ウインドラスメカニズムがもたらす効果
  • 足部全体の剛性が高まり、しっかりとした足になる。
  • 効率の良い蹴り出しができる。
  • アーチを強固にする。
  • 着地時の踵のブレが少なくなる。

実験データ

実験データの中に、 カスタムバランスの確かな答えがある。
カスタムバランスは、研究によって有効性がみとめられています。動作解析による実験データを紹介します。
実験データ

Products

一覧から探す